実際の料金相場

税理士にお願いするときのコスト

顧問契約をするのであれば、まず毎月の顧問料が発生します。
会社の規模によって、月2万円程から10万円以内の契約が多いようです。
また、業務が発生する都度その料金がかかってきます。
記帳代行から申告まで全てお願いする場合は20万円前後かかるようです。
記帳代行は自分で作成する、ということであれば、半分ほどになるようです。
ただし、記帳の数字の正確性が確認できなければ、作成した申告書類も無駄になりますから、記帳代行からまとめてでなければ受けられないというところもあるようです。
ここで挙げたのは一例ですが、実際に料金にガイドラインがあるわけではなくて、税理士と契約者の間で決めてよいとされています。
税理士によって費用に差があるのはこのためです。

お願いできる一部と全部

税理士にお願いするという事は、その分経費がかかるという事です。
企業であれば税理士についてもらっているという事は財務関連でその分信用度が上がるという利点もありますが、個人の場合はそこまで信用度を上げてもあまり意味がないばあいもあります。
何より、経費をかけなくても自分で十分対応することができるようになっています。
税務は複雑なイメージですが、売り上げや収入から支払ったり、資産に対して課せられているわけで、難しければ面倒になってやらなくなってしまいますよね。
ネットが普通に使われている今、イータックスなど自宅から簡単に申告できたり、書類を作成する方法はいくらでも探すことができます。
会計業務や税務を考える、イコール専門家に丸投げではなくて、自分でできるところ、税理士にお願いや相談したいところなどをきちんと分けて、専門家の知恵を上手く借りていけるのが理想です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ