税理士の仕事を知ろう

税理士ができる仕事

税理士は国家資格です。
それだけで難しそう、という印象を受けますが、実際に税理士になるには年一回の試験を受けるか、それなりの勉強をして学位を取得する必要があります。
実際に何をするかですが、名前を見る限り税に関する業務を行う事ができる、というイメージはなんとなくつきますね。
税金は私達にとって身近なものでありますが、実際に様々なものにかけられています。
特に法人、会社を運営している場合、支払う税金の種類と金額はイメージ以上になるようです。
支払わなければ罪となってしまうため、その取扱いは慎重かつ専門的になります。
そこで登場するのが税理士です。
税金の申告や支払い、関連書類などの作成を行います。
税金の専門家ですから、節税などの相談もすることができます。

似ている資格

お金関係の仕事で混同されがちなのが、会計士という仕事です。
こちらも試験を突破するなど、一定の条件をクリアしてなるものです。
会計士は、税金に限らず企業のお金にかかる全体を見て、経営が健全であるかや、運営などに対して見てくれる仕事になります。
「監査法人」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
監査法人は主に公認会計士が設立するもので、その名の通り「監査」をします。
こうした意味からも、公認会計士の仕事は、企業の財務状況を調べたり、監督したりするという事がわかるのではないでしょうか。
税理士と公認会計士が混同される理由は、扱う分野が近いためです。
実際に同じ業務をお願いすることもできますから、混乱してしまうのですね。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ