税理士の仕事を知ろう

何をやっているのか、よくわからない人も多い税理士という仕事。 細かく決められているお金の分野で、更に法に直接かかわるものですから、似たような専門家もいて、チンプンカンプンではないでしょうか。 法的には明確に違いますし、担当できる業務や立場も違います。

税理士にしかできない

独占業務という言葉があります。 その資格を有する者しか扱えない仕事の事です。 知識があるとついやってしまうことでもありますが、実際には資格がなければできません。 曖昧な線引きであることもありますが、そうした決まりが専門家を守り、社会を守っているのです。

実際の料金相場

税理士にお願いできる範囲には決まりがなく、付随する業務も請け負ってくれるところがほとんどです。 間違いなくこなしてくれる分、料金がかかるという事になります。 どこまでをお願いして、自分たちでできるところは分業するという判断は、依頼者側が決めるものです。

税の専門家というけれど

税理士、と聞いて皆さんはどんなイメージでしょうか。
硬くて難しいことの専門家、自分たちの普段の生活にはあまり関係がないと考えるかもしれませんね。
また、依頼すれば料金がかかるため、税理士自体はお金持ち、なんて勝手な想像をする人もいるかもしれません。
税理士など、国家資格を持つ専門家にお願いする場合、確かに相場は高いイメージです。
しかし実際は様々なケースがあるようで、特に税理士のお客さんは中小企業などになり、地道な世界のようです。
おそらく、税理士以外の似たような資格と印象が混同・共有されているのではないでしょうか。
これらは法に関することでもありますから、何か問題が起これば弁護士が出てくることになります。
弁護士料は高いのは、皆さん共通して持つ印象です。
また、紛らわしく誤解されがちな公認会計士は収入が多いことでも有名です。
例えば会社員なら、税に関することは会社がまとめてやってくれますから、税金が差し引かれた結果だけ受け取ればいいわけで、あまり関わりがないですよね。
必要に迫られなければ、また、興味がなければ知らないまま過ごしてしまう分野ですが、実は、税理士はとても身近な存在です。
特に、副業や在宅で起業するような個人が増えている今の時代、相談できる、任せられる税理士がいると安心できます。
ただ、お願いするためにはそれなりのコストがかかります。
具体的に何をお願いすればどれだけかかるのか、なんとなくではなく、具体的な数字を調べてみました。